2009年09月20日

言葉の定義

少なくとも私がこの言葉を使うときの定義をさらっとかいてみる





@ 勝率

ある環境下で無限試合行ったときの
見込み勝率のことであって
今僕は5連勝だから勝率10割だ(キリッ
などというアホらしい上にどういう統計の取り方をして
どういう誤差が現れるかサッパリの意味のない話ではない
けど、時たま実際の勝率の話も混ぜることもある(ぁ
のでこれからは見込み勝率と実戦勝率と言い分けようかな




A 勝率の分散

分布のほうがいいのかな?
以下勝率の分布で
例えばトータルで6割勝てる見込みのパーティがあったとする
同じ6割でも、どのパーティに、人、戦略などにも6割で勝てるのと
7割の確率で出会うものに5割で勝て
2割の確率で出会うものに9割で勝て
1割の確率で出会うものに7割で勝てる
計トータル6割では意味が違うということね
サンダーパに3割勝てて、バンギパに7割勝てるとかのほうが通じるか




B 安定

勝率の分布の最小勝率を可能な限り小さいすること
例で言うとケンタパは俺の中では安定です
どんな人、パーティ相手にもそんなひどい勝率差つかないからね




C 不安定

その逆
あるものには極端に勝率が高く
またあるものには極端に勝率が低いこと



D 汎用性

安定の意味と同義
パーティの汎用性というと
キラパ作られにくいってことになるやね
    
    

Eメタパ

安定を度外視してある環境下での
全体勝率の高さを目指したパーティ






定義の中の定義とかどこまでもさかのぼっていくこともできるけど
意味もないしこんなもので
posted by わんおー at 03:57 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。