2009年09月21日

ランダム戦略 外伝1

確率や統計的にポケモンをとらえましょう
乱数とかだけじゃなしにね

例えば
相手が使うパーティ
持ってる技
相手の立ち回り
三匹選択
見えない残りのポケモン
持ち物

などなど
例えばこちらの6匹にゲンガーがいるときに
相手のカビゴンがサンダー相手にもチェンジ読みで地震を打つ確率があります
そして相手が地震を打たなければ打たないほど
相手のカビゴンが地震もちである確率も減っていきます

つまり、統計的にとらえ
かつその確率が刻一刻一刻と変化してるととらえましょう

そして自分の観点からは確定してる
自分のポケモンの技、行動も
相手には未確定の確率状態だと考えましょう

ありとあらゆることの中に統計は存在します
立ち回り、パーティの傾向はもちろん
ハンドルネーム、入室回数、どのくらい来てないか、名前の色、文章の傾向、温度、湿度etc


例えば赤色で「うんこ!」みたいなハンドルネームの人がいて
パーティがライコウエンテイフリーザーフシギバナバクフーンゲンガーみたいなパーティだとするじゃない

もうこれは
「ああ、これは小学生の素人だな」
ってパーティ見る前から思うよね
なので立ち回りとパーティのミス確率を多めに想定して
硬く安全に打つとかね

もちろんココまで胡散臭いと逆に
素人の振りしてる確率もある程度想定しなくちゃいけないけど



もちろん実際に統計取ってるわけではないですが
勘と経験で総合的に判断して
統計的に、確率的にやろうと意識してます




ちとモチベあがってきた
posted by わんおー at 01:26 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。