2010年04月21日

誤差ごと計算してしまう

http://ameblo.jp/hibiki-mikage/entry-10371949462.html
コレに関連して


統計なんて全く知らないので
完全に自前なんで間違ってるかも
そん時は教えてね!

N回やったときに何かがM回出たときに
これをM/Nとせずに
誤差範囲ごと計算してしまう

何かが出る確率の真の値をXとすると
Yを真の値が出る確率のX微分とすると

Y=CX^m・(1-X)^(n-m) [0,1] というグラフで表せる

ただしC=1 / ∫X^m・(1-X)^(n-m)
面積が真の値の確率
んでもって真の値は謎のまま計算しちまうと
微小真の値ごとにパーティ相性を計算してやればいいんじゃね?と思った

んでもってコレは当然パーティ、メタ読みだけじゃなくて全読みに通じる話

N回やったときに何かがM回出たときに
これをM/Nと計算するのがいいのか
こっちのほうがいいのか
多分こっちなんだけどね

読み負けするとは統計と真の値がずれてるってことだろうと予測したときに思いついたことなんだけど
違うものが出来てしまった
読み負けという状況がいまだによく分からん
対戦やってて
「あ、駄目だこりゃかてね」って感覚的にはわかるんだけどね
posted by わんおー at 01:03 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。