2011年10月06日

トーナメントと総当りの優勝確率の違い

4人で対戦するとして

甲さん
乙さん
丙さん
丁さん

がいるとして

組み合わせ  勝率
甲対乙    a:1-a
甲対丙    b:1-b
甲対丁    c:1-c
乙対丙    d:1-d
乙対丁    e:1-e
丙対丁    f:1-f

として
トーナメントをした場合と総当りをした場合とで
優勝確率がそれぞれ違いました

つまりトーナメントで優勝目指すのと、総当りで優勝を目指すのとでは
最善のパーティ、戦略が変わりうるってことですね


計算結果はずっと前に紙に書いて違うことが分かったら納得して捨てたのでもうありません
興味がある人や疑わしいと思う方はがんばって計算してみてください


これを4人じゃなくて
任意の数
トーナメントや総当りだけじゃなく
任意の対戦形式に拡張したいですね
あとはルールによって最善の戦略が変わりうるってことだけじゃなくて
どう変わって
どういうルール、人数、他人の戦略やメタによって
どういう風にするのがいいのかも
キッチリした計算結果知りたいなぁ
posted by わんおー at 19:01 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。