2019年12月09日

勝率とかトーナメントの最適戦略のまとめ Twitterまとめ




勝率を最大化することを目指すべきで、汎用性は全く無視して良いが
勝率が最大になるものは自然と汎用性がある程度伴ってくる

ポケモンが何故7割有利からさらに8割は取りにくく
3割しか勝てないから4割勝てるにしやすいかが今わかった

運に限らず〇〇への対策でも一緒か
70%勝てるから〇〇を対策すると40%勝てるようになる対策〇〇を入れても
(1-0.7)×0.4×100=12で
12%しか上がらないけど
30%勝てるから〇〇を対策すると40%勝てるようになる対策〇〇を入れると
(1-0.3)×0.4×100=21で
21%も上がって工夫の効きが大きくなる

以上のことから
汎用性は勝率と基本的には(日本語)関係ないけど
汎用性のあるものの方が実は(日本語)勝率が高くて関係あるから尊ばれやすいってことなんだろう

汎用性ってやたら尊ばれるけど勝つためだけだったら1番要らないステータスだと思うんだ
野良試合、レート戦なら全く要らない(前者なら弱点の異なるパーティシャッフルだけで十分)し
トーナメント優勝確率を目指すなら汎用性が有るよりむしろ対上級者メタの方が確率上がる

今の話を簡単に説明すると
パーティ非固定の大会及び野良試合は
汎用性なんか全く関係なく勝率のみが大事で
パーティ固定の勝ち抜き戦は
優勝したい場合は対上級者向けにアレンジするとよく、単に成績の期待値を求める場合は勝率が高いかどうかだけを気にするといい

posted by わんおー at 21:51 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: